マンゴーの驚くべき効果

マンゴーの驚くべき効果

みなさん、マンゴーは好きですか?マンゴーはどのくらいの頻度で食べていますか?マンゴーには知られざる効果が様々あります。今回はマンゴーの魅力について紹介したいと思います。

 

 

マンゴーは大きく3つの種類に分けられます。アップルマンゴー、キーツマンゴー、ペリカンマンゴー。アップルマンゴーとは日本で一番生産されているマンゴーです。キーツマンゴーとは、果皮が緑色をしているため、熟している時期がわからないためあまり流通はしていません。ペリカンマンゴーは日本でも目にすることはあるかと思いますがほかの品種に比べると酸味がやや強く、低価格で売られています。主に日本で食べられているペリカンマンゴーはフィリピン産です。スーパーでよく売られているアップルマンゴーとペリカンマンゴーはアップルマンゴーは国産、ペリカンマンゴーは外国産と考えてもよいでしょう。次に、マンゴーの栄養素について紹介します。マンゴーにはビタミンA、βカロテン、ビタミンC、葉酸、リン、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB6といった物質が多く含まれています。ビタミンAは皮膚の潤いを保ち、目や口、喉などの粘膜を丈夫にする働きがあります。また、抗酸化作用も強いことから免疫機能をよくしてがん抑制効果もあります。目に対しても視力の低下や夜盲症なども防ぎます。βカロテンは成人病の予防、美肌効果、老化防止にも効果があるとされています。葉酸は特に妊婦さんには摂取してもらいたい栄養素で赤ちゃんの発育不全を予防するために必要なものです。このように女性にとっては強い味方の果物だということが伝わったことでしょう。そこで、より効果を高める食べ方をご紹介します。

 

 

マンゴーは青いうちはビタミンCが多く、熟すほどにβカロテンが増えてきます。食べるタイミングによっても栄養素が変わってくるのは不思議なことですよね。生のままマンゴーを食べるときに、塩を少しかけます。すると安眠効果に良いとされています。夕食後にお勧めです。熱を加える方法としてはジャムにすることです。ジャムにすることで成分が濃縮され、効果が高まるとされています。また、この成分はバターなどの脂質と一緒に摂取することで体内への吸収がよくなるといわれています。生のままでも熱を通しても、効果が期待されることは本当にうれしいことですね。いかがでしたか?マンゴーの魅力を知っていただけたでしょうか?今までマンゴーはちょっとお高いフルーツと思っていた人も多いでしょう。しかし、今はドライマンゴーや冷凍マンゴーも手軽に手に入るようになりました。こちらでも十分に効果を発揮してくれます。しかし、ドライマンゴーなどは濃縮されている分、カロリーも濃縮されているので食べすぎには注意してください。皆さんも普段の食事にマンゴーをちょいたしして美活を始めましょう!