大好きなもやしの栄養素の健康効果

もやしは、一年を通じて一定の価格で安く購入できるので家計には大助かりの野菜です。また、100g当たりのエネルギーが、14カロリーととても低カロリーでヘルシーな食材です。食べたときの食感もシャキシャキとしておいしく、調理には炒め物・煮物・焼き物・和え物と幅広くいろんな調理法で食べることができます。淡泊な野菜だからこそ合わせる食材・調理法を選ばず、おいしく食べられるのものす。もやしは、安くて安全で、低カロリー、主菜にも副菜になる食材です。もやしは豆類や穀類などの種子を発芽させて、伸長させたもののことです。栄養成分としての働きはさまざまな種類があるもやしですが、共通していえることは、豆の状態では含まれていないビタミンCが急増するということです。

 

もやしの栄養分

また、植物性たんぱく質やビタミンB群、カルシウム、鉄分、食物繊維も豊富に含まれています。もやしの種類とおもな働きアミラーゼという消化酵素が生まれるのも特徴としてあげられ、アミラーゼはでんぷんの消化を助ける酵素です。大豆を原料とした大豆もやしは、リジンやトリプトファンなど、人間の体内ではつくられない必須アミノ酸を多く含んでいます。肝機能を高めて体に活力を与えてくれます。肥満、貧血、便秘の改善、生活習慣病予防、かぜ予防、疲労回復に有効です。

 

家計に優しいもやし君

もやしは、一年を通じて一定の価格で安く購入できるので家計には大助かりの野菜です。また、100g当たりのエネルギーが、14カロリーととても低カロリーでヘルシーな食材です。調理には炒め物・煮物・焼き物・和え物と幅広くいろんな調理法で食べることができます。淡泊な野菜だからこそ合わせる食材・調理法を選ばず、もやしは、安くて安全で、低カロリー、主菜にも副菜になる食材です。こういった栄養素の働きのことからもやしはダイエットに適しています。わたしは昔はものすごく肥満体でしたが食べものとしてもやしが好きになり現在では肥満から離れることができ、健康です。食費もかからずに節約し貯金が貯まっています。