なんにでも使えるズッキーニはマルチな野菜です。

 

今まで、ズッキーニをスーパーで見かけていましたが、調理法が分からず購入したことはありませんでした。しかし、夏の長野を旅行した際、蕎麦屋で頼んだ夏野菜の天ぷらの中にズッキーニがありました。天つゆにつけたズッキーニの、サクッとした食感にすっかり虜になってしまい、お店の人に天ぷら以外の調理法を教えてもらいました。その足で無人販売でズッキーニを買い、炒めものに使ったり、バーベキューの鉄板で焼いたり、薄く切ってオリーブオイルと塩麹を混ぜたオリジナルドレッシングにつけた食べたり、ピクルスにつけたりと、非常にバリエーションがある料理が出来ることがわかりました。それに加え、痛みやすい夏野菜の中でもズッキーニは比較的長期保存が利き、冷蔵庫で2週間は痛みもなく使用することができました。また、ズッキーニはかぼちゃの仲間と聞き、かぼちゃは栄養があっても切ったり調理をしたりするのが、正直面倒臭いと思ってましたが、ズッキーニは切りやすいのと調理しやすいので、扱いにとても重宝しています。

 

育てるのは結構大変・・・

 

一度、栽培にも関わったことがありましたが、とても大きく、また棘もたくさんあるので、正直な所栽培はパスかなと思いました。夏場は野菜が美味しいですが、痛みやすいのが難点でした。そういう点でズッキーニは、夏野菜の中でも調理法が多くあり、扱いやすいし、日持ちもするし、栄養価が高いので是非夏場にこそ食べて欲しい、魅力的な野菜だと思います。余談ですが、ズッキーニは星の形をしているので、野菜スタンプ代わりに保育園で子ども達と使用したことがあります。硬さもあるので、子ども達がギュッと持っても、トマトのように潰れることもありませんし、きゅうりのように途中で折れてしまうこともありません。食べる方でも、保管でも、また遊びに使っても何にでも合うので、ズッキーニこそ魅力的な野菜は他にはないと思います。毎年ズッキーニが出回る時期を楽しみにしています。