りんごはポリフェノールたっぷりで栄養満点

りんごはポリフェノールたっぷりの歴史ある果物

りんごは一個当たりのカロリーは138キロカロリー程度です。果物の中でも大きさや甘さに比べて低カロリーだと言えます。

 

 

ビタミンやミネラルなどがバランス良く含まれています。また、食物繊維が豊富です。 「一日一個のりんごは医者を遠ざける」という言葉があるとおり、りんごはとても簡単に手に入る健康に良い食品です。 りんごはビタミンやミネラルは他の果物に比べて特別多いわけではありませんが、ポリフェノールが豊富です。リンゴの切り口をそのままにしておくと茶色く変色してしまうのはポリフェノールのせいです。このポリフェノールは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待されています。美肌を保ったり、中性脂肪を減らす効果が期待されています。中性脂肪が減ると高血圧やメタボリックシンドロームなどの改善や予防をすることができます。 また、豊富な食物繊維は便秘の改善が期待できます。 リンゴの食べ方はなんといっても生食です。ジャムやアップルパイなど、加熱して食べても美味しいですが、りんごに含まれているビタミンは加熱することで失われてしまうものも多いです。新鮮なリンゴをそのまま食べることがおすすめです。

 

 

また、ポリフェノールは特に皮に多く含まれているので、気にならなければ皮ごと食べた方がりんごの栄養をまるごと得ることができます。紅玉は皮が薄いので皮ごと食べてもあまりきにならないでしょう。一度に大量に食べるのではなく、毎日少量づつ食べるようにすることで健康を得られます。また、一度に大量に食べるとリンゴに含まれるカリウムでお腹を冷やしてしまったり、食物繊維の摂り過ぎで下痢をしてしまうかもしれません。 リンゴはとても古くからある果物です。紀元前6000年ごろのトルコにはすでに存在していたようです。日本でリンゴが一般的に作られるようになったのは明治に入ってからです。それより前は和林檎と呼ばれる現在の林檎よりも小ぶりで早生のものが少しだけで回っていました。食用というよりは花を観賞したり、お供えしたりすることに使うことが多かったようです。

 

りんごはアダムとイブが食べた禁断の果実として聖書にも登場しますが、これはりんごではなく、あんずだという説もあります。ニュートンはりんごが木から落ちるのを見て、万有引力を発見したと言われています。 現在一番栽培されている品種はふじです。日本の青森で誕生した品種です。日本だけでなく、韓国、北アメリカ、中国、オーストラリアなどでも多く栽培されています。